利用規約

【前文】
● IVR(以下「弊社」といいます)はViMO(以下「本アプリ」といいます)の利用者に予告無く、本アプリ利用規約(以下「本規約」といいます)を変更出来るものとします。
● 本規約は本アプリの利用に関する一切に適用されます。利用者は、本アプリ画面上で表示される本規約の内容に全て同意の上で本アプリを利用するものとします。
● 本アプリの利用条件は変更後の規約に準拠します。

■著作権、その他適用法、および禁止事項
個人利用に限り、本アプリを使用して作製された動画およびスクリーンショット等は商用を目的とした利用が可能です。
ただし、以下の行為は禁止とさせていただきます。

 ● 本製品内データの解析、抽出および改変。
 ● 製品内データの再配布。
 ● 日本国憲法、刑法、民法に抵触する行為。
 ● 本アプリのサービス運営を妨げる行為。
 ● 公序良俗に反する行為及び表現・誹謗中傷。
 ● わいせつ、児童ポルノ若しくは、児童虐待に相当する画像、文書等第三者に不快を与える内容を送信若しくは表示する行為。
 ● 著作権を侵害する内容、プライバシーに関する情報の掲載及び肖像権の侵害。
 ● 特定の企業や団体、国や人種などを中傷するような行為。
 ● 政治・宗教・思想に関する内容、政治団体・宗教団体等によるご利用。
 ● 動画や画像の加工や本アプリの利用方法にて、弊社が不適切と判断した場合、利用停止のご連絡をさせて頂く場合が御座います。
 ● 本アプリの機能において、制作したテクスチャを本アプリ内のデータへ適用することが可能です。
  このとき、制作していただいたテクスチャ自体はその製作者が権利を有しますが、本アプリ内でテクスチャが適用されたデータの著作権は弊社が有します。

また、法人利用の場合は、■お問合せ先より、弊社まで別途お問合せください。

※本アプリ内データの著作権は全て弊社にあります。

■免責事項
● 本アプリ以外のデータを組み込んだ、または改造を行った際の動作保証は致しません。
● 弊社以外に制作したデータに関しては、その制作者が権利を有しますので、配布や商用利用でのトラブルまたは権利問題が発生した場合、弊社では責任を負いません。

■準拠法・管轄裁判所・言語
● 本規約は、日本法を準拠法とし、同法に基づいて解釈されます。
● 本規約及び利用者による本アプリの利用に起因又は関連して生じた一切の紛争・問題については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。本規約は全て日本語により表示され、日本語のみにより解釈されます。

■お問い合わせ
本アプリに関してご不明な点等ございましたら、以下のお問い合わせ先までご連絡ください。
お問い合わせ先:IVR サポート  support@i-vr.jp